有限会社 大堤建築  
ootsutsumikenchiku
建築へのこだわり
ひのき

五重塔 木の心を持った、人に優しい家づくり

+[日本古来の木造伝統工法。]
+[伝統技法を持つ大工職人による家づくり。]
+[地場産材の木を使っての家づくり。]
+[きちんと柱の見える家づくり。]
+[しっかりとした骨組み、長持ちする家。]



ヒバ建築へのこだわり 語り[大堤正志by大堤建築:::吉田良一by吉田建築計画事務所]

杉・ケヤキは目が細かくよく建材に使われます。中でも200年以上経つ木は次第に柔らかくなってくるんです。そういう木が一番使いやすい(造り易い)そして狂いが出ない。
その建材に適した木を自宅の敷地に育てている家があります。
日本では家を建てるのに100年〜200年も前から、次の世代・さらに次の世代の時に家を建ててもらおうと長い年月をかけた構想を当たり前のようにしていたわけです。
大堤建築のある茨城県小美玉市(旧美野里町)と吉田建築計画事務所がある石岡市(旧八郷町)には、そういった先祖からの贈り物としての木を持った家がまだあります。
薬師寺 五重の塔現在その木を使って末代まで長持ちする家を建てるんです。つくり方によっては100年以上、直せばもっと使える家になるでしょう。
←昔撮った「五重塔」の写真なんですが、驚いたことに全く狂いがないんです!
間違いのない家を建てる、長持ちする家を建てるということは家を守ると同時に、家系を守っていく、地元に密着した社会づくりにもなっていくということです。
しかし、 現在はそんな家を建てられる人材(大工)も少なくなってきてしまいました。
日本の木
+[まずは山に行って適材を探す目利きが出来ること。]
+[さらに、切ってきた木に墨をうち、建材として加工する技術。]

そういった技術を繋いでいくということも大切になってきました。
日本の民家[旧家・古民家]を再生する、今で言うリフォーム、直すという技術を持った大工が本当に少なくなっています。
今の大手ハウスメーカーは大事なことを見失っているような気がします。
+[地元の産業の発展・技術守ること。]
+[外国の木ばかり伐採していないで、日本の木地元の木を使うこと。]

日本の木日本にはまだまだ使って欲しがっている木が沢山余っています。
やはり、家を建てる場所と同じ環境で育った木は、家になってからもその環境に合った
「まさに適材適所なのです。」

製材
日本伝統工法の家 茨城 日本伝統工法の家づくり
大堤建築表紙 リンク集 お問合せ 会社案内 木の使い方 建築用語辞典 建築へのこだわり 建築施工例